ワンルーム経営のメリット|ランドネットの評判を知りたいならコチラ!
男性

ランドネットの評判を知りたいならコチラ!

ワンルーム経営のメリット

集合住宅

少子化の影響がない大都市

比較的少ない資金でも投資ができるので、ワンルームのマンション経営が注目されています。気をつけたいのは入居者が確保できるエリアでワンルームを確保することです。日本の少子化が進むと若者の人口が減り、賃貸経営は難しくなると言われています。こんな状況の中で今後も若者の流入が続くのは大都市です。企業も教育施設も集中しているので、若者人口が減ることはないのです。今後は大都市のワンルームを購入してマンション経営すれば、少子化の影響を受けずにすみます。大都市のワンルームは価格が高いので利回りが低下します。そのため地方のワンルームでマンション経営をする人がいます。それは本末転倒の考え方で、入居者が確保できなければどうしようもないのです。利回りが多少低くなっても、常に入居者を確保できる大都市の方がマンション経営はうまくいきます。

ワンルーム経営の選択肢

ワンルームのマンション経営のメリットは、インカムゲインとキャピタルゲインの双方が得られるということです。インカムゲインは毎月の家賃収入です。入居者を確保できる限り、長期に渡って得ることができます。例えば10年でローンの支払いが終わった場合は、その時点でワンルームを売却することができます。その売却益がキャピタルゲインです。また売却せずに自分がそこで暮らすこともできます。このようにワンルームのマンション経営にはいくつもの選択肢があり、自分の将来に合わせた運営計画を立てることができます。新築ワンルームを購入して将来は売却するとしても、購入時の7割ぐらいの価格になってしまいます。それを考えると、初めから中古のワンルームを購入するという方法も考えられます。中古ならローンの支払いも安くすみます。