賃貸経営を助ける会社|ランドネットの評判を知りたいならコチラ!
男性

ランドネットの評判を知りたいならコチラ!

賃貸経営を助ける会社

お金

家賃を代わりに払う

賃貸経営で困ることは入居者がいないこと、いたとしても家賃を滞納されてしまうことです。どちらも賃貸経営存続を危うくさせる由々しき事態ですが、どちらの状況にも陥らないように助けてくれる会社があります。それが、家賃保証会社と呼ばれる会社です。家賃保証会社ですから、当然、家賃を保証してくれます。具体的には、入居者に家賃滞納があった場合、一報を入れれば、家賃保証会社が入居者の代わりに払ってくれます。家賃保証会社との契約は、入居者です。従って、物件の賃貸借契約をする際に入居希望者に家賃保証会社との契約も義務付ければ、貸主は安心できるというわけです。実際、そうしている貸主は多く、大手の不動産会社でも義務付けているところもありますから、一般的になりつつあります。

連帯保証人の代理

さて、入居者がいないという問題ですが、この問題に対しても家賃保証会社は有効です。というのは、そもそも家賃保証会社は連帯保証人の代理となる会社だからです。物件の賃貸借契約で連帯保証人を用意することは必須ですが、核家族化が進んだ現代では、連帯保証人を頼めるような間柄の人がいないということが非常に多くなっています。また、企業の場合ですと設立間もない企業でしたら、連帯保証人になることは嫌がられてしまうものです。つまり、物件を借りたくても、連帯保証人がいないから借りることができないという人、企業が存在しているのです。そういった人、企業が仮に訪れたとしたら、家賃保証会社のことを教え、紹介すれば、入居してもらえる可能性が高くなります。よって、入居者がいないという問題に対しても、家賃保証会社は役立つ存在なのです。